ダイエットに失敗する人の心理

ダイエットに挑む方は「痩せたい!」という気持ちがあるから挑むと思いますが、それでも失敗してしまう方がいます。
ではなぜダイエットには失敗してしまう人と成功する人がいるのでしょうか?

ダイエットに失敗してしまう方の多くに共通しているのが、ダイエットに失敗した良い訳を考えてしまう心理が働いているということです。
例えば食事制限をしてダイエットしようと思ったのに失敗したら、「やっぱ人間は健康の為に食べないとダメだよね〜」というように言い訳してしまいます。
もちろん無理な食事制限は身体を壊してしまうので言っていること自体は間違っていないのですが、それを自分がダイエットに失敗した言い訳として使ってしまうことがNGなのです。

このようにダイエットに失敗したことを正当化するケース、更に最初から「ダイエットするなんて言ってない」と無かったことにしてしまうケース、「友達がランチに誘ってくるし」「方法が悪い」というように責任転換するケース、この3つのケースの心理・・・つまり自分を甘やかしてしまう気持ちがダイエット失敗者にありがちと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です