食べないと痩せるのか?

食べないということは、つまり断食をするということで断食を行って食事をしなくなりますと体内で栄養を取り入れないことになります。

それは食べていないので体重を減らすことにつながり、体内のデトックス作用ガあるなどともいわれています。
他にも断食について得られるといわれているものは、脂肪燃焼の働きがよくなるといったことや、体内に入ってくる糖質の量が少なくなる、脳内や内蔵を使わなくなるので、疲労解消につながるとの噂もあります。

しかし、デメリットとして筋肉量が減ってしまい、代謝が下がり、以降は同じ量食べたとしてもさらに太りやすくなってしまうリバウンドしやすい身体になってしまいます。
また、断食によって体が飢餓状態とはんだんしてしまい、今まで以上にカロリーを摂取しやすい身体になってしまうことが考えられますので、危険な可能性も大きくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です