炭水化物抜きは危険

炭水化物を抜くと痩せやすいと実感しているかとおおいかと思いますが、代わりに肉に変えていくということが多くなってくるかと思います。

肉を食べる機会が増えますとまず腎臓への負担が増えてしまいます。たんぱく質が代謝されると老廃物がのこり、それをろ過する役割を腎臓がもっています。
たんぱく質をエネルギーに変えるにはビタミンやミネラルがひつようとなりますので、その栄養素が不足しやすくなってしまいます。

それらの理由によって炭水化物を全く取らなくなってしまうことはとても危ないことになってしまいます。身体は省エネする身体になってしまい、基礎代謝が下がり、体重が変わらなくなってしまうということになります。筋肉はカロリーの消費が激しいので、身体がカロリーの消費を抑えようとしますので、筋肉を落とそうとしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です