44位 柔道

投げ技、固め技、当身技を主体とする武道で明治時代に警察や学校に普及し、国際柔道連盟の設立やオリンピック競技に採用されるなど広く国際化したスポーツとなりました。

柔道では、「精力善用」「自他共栄」を基本理念として、競技における単なる勝利至上主義ではなく身体・精神の鍛錬と教育を目的としています。
日本の学校教育によっては、1898年に旧制中学校の課外授業に際に柔道も必修科目となりました。歴史の中で1度は学校で柔道の教授が禁止されて以降、武道は一度禁止されましたが、再度中学校の科目で柔道が選ばれています。

現在でも、授業で柔道があり部活動でも柔道部があるなど生徒の自主的、自発的な参加による課外活動の一環としての部活動が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です