他のキャバ嬢から嫌われてしまいがちな子の特徴

キャバクラお仕事マガジン

キャバ嬢は個人事業主のような感じで基本的に個人プレーとなるため、他の女の子のことなんてどうでもいいと思ってしまっている子もいます。
「どのお店で働いても人間関係でトラブルが起こる・・・」という子も珍しくないと思います。
確かにキャバ嬢同士で必要以上に仲良くする必要はありませんが、同じお店で働いている従業員として、居心地のいい人間関係を築いておくことはとても大切です。
今回はキャバ嬢から嫌われてしまいがちなキャバ嬢について説明していきたいと思います。

自己中心的

キャバクラではお客様とのマンツーマンで接客をすることが多いですが、グループで来店されたお客様の席などにつくと他の女の子と一緒に接客をすることになります。
そのときに自己中心的な接客をしてしまうと他の子から「あの子とは一緒の席につきたくない」と思われてしまうのです。
自分だけずっと話していたり、逆に他の子に全て任せてしまったりするとNGですね。一緒にその席を盛り上げるために、協力して接客していくことが大切です。

他のキャバ嬢のことをベラベラ話す

お客様に「○○ちゃん(他のキャバ嬢)って本当に彼氏いないのかな」というような、他のキャバ嬢の話題を振られたときに話してしまうのはNGです。
こういう質問は主にヘルプの席で多く振られます。ここぞとばかりにキャバ嬢のプライベートを聞こうとするお客さんは多いです。
プライベートなことを勝手にバラされるのは自分でも嫌ですよね。他の子ももちろん嫌なので、プライベートなことを聞き出そうとするお客様には「分からない」と伝え、すぐに別の話題に移ることが大切ですよ。

人によって態度が違う

お店の偉い人やお客さんにだけ愛想がいい、一方で他のキャバ嬢に対しては挨拶すらしない・・・このようなあからさまな態度の違いは嫌われてしまいます。

まとめ

「他の子はライバルだから馴れ合うつもりはない」という子もいますが、もし何かしらのトラブルが合ったときにサポートやフォローを入れてくれることもあるのが他のキャバ嬢です。
助けてもらうこともあれば助けることもある、他のキャバ嬢とそんな関係を築けていければ、働くことも苦になりませんよ。

タイトルとURLをコピーしました