キャバクラのハンドサインって何?

キャバクラお仕事マガジン

キャバ嬢として働くことになった時、覚えることはたくさんありますがその中の一つに「ハンドサイン」というものがあります。
他のお仕事ではあまり覚えることのないハンドサインですが、これはお店のスタッフに送るための合図なのです。
キャバクラの店内では音楽が大音量でかけられていますので、もし何か用事があって読んだとしても聞こえない可能性があります。そのためにハンドサインで用事を伝えて対応してもらうというのが、キャバクラでは一般的なんですね。
またお店とキャバ嬢の秘密の合図となるため、お客さんに知られたくないことでも知らせることができるのがポイントです。

このハンドサインは例えばタオルを絞るような動きは「おしぼり」という意味になったり、指でバッテンを作るとお会計を伝える意味になります。
基本的な動きは共通しているお店も多いですが、お店によって微妙に違うサインになっていたりすることもあります。
ハンドサインの数はとても多いので、まずはよく使うものから少しずつ覚えていくといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました