生理中のお仕事はどうするべき?

セクキャバのお仕事

セクキャバ嬢はルールを守ってもらって上で体を触ってもらうのがお仕事ですが、生理中だといつもは平気な力加減でも触られると強烈な痛みになったりしてしまいます。
下半身のお触りがないお店なら生理中でもお仕事自体はできるものの、無理してお仕事する必要もありません。
生理が重くなりがちという子や生理中はお仕事休みたいという子は、生理休暇が用意されているお店で働くようにしてみてください。

健康な方なら周期が大体決まっていると思いますので、事前にスタッフに伝えておくといいでしょう。
また毎回生理休暇をとるのは気が引けるという場合は、生理中にできるサービスを伝えたり、生理痛が軽い時はお仕事もできるということを伝えておくことをおすすめします。

男性スタッフにはどうしても生理の大変さというのを分かってもらいにくいため、休む場合には「こういう症状が出ていてお客さんに尽くす余裕がないから」というように具体的に伝えてみてください。
女性スタッフがいるお店なら女性スタッフに話した方が話しやすいですし理解してもらいやすいと思います。

セクキャバは生理でもお仕事ができるので、生理中のお仕事についての対応はお店によって大きく違います。
厳しいところだとナプキン着用すらお客さんに嫌がられるから禁止、なんてところもあります。(タンポン着用が強制されています。)

生理中に休みやすいお店かどうかもお店選びには重要なので、面接の時に生理中の対応についても聞いておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました